FC2ブログ

プロフィール

とんとんににに

Author:とんとんににに
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宇宙

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

銀河系の中心にあり、活動が静かなことから「眠れる巨人」とされる巨大ブラックホールが一時期、強烈なX線を放射していたことが15日、京都大学理学研究科の小山勝二教授(X線天文学)らの研究チームの観測でわかった。謎に包まれたこのブラックホールの実像を解明する貴重な発見という。

 このブラックホールは地球から2万6000光年の距離にある。太陽の400万倍の質量を持つとされながら、放射されるエネルギーは銀河の中心にある他のブラックホールに比べ、何十億分の一と極めて微弱だった。

 研究チームは平成6年から11年間、ブラックホールから約300光年離れた巨大星雲「いて座B2」をX線天文衛星「すざく」などで観測。この結果、ブラックホールから出た強力なX線を、星雲が鏡のように反射して明るく輝く「光のこだま」と呼ばれる現象を確認した。

 直接観測しているブラックホールは2万6000年前の姿で、ほとんどX線を放射していない。一方、反射したX線は300光年の距離を遠回りして地球に届くため、300年さかのぼった時点の観測で、当時は激しい活動期にあったことを示しているという。

 一般にブラックホールは強い引力で周囲のガスなどを引き込むとともにX線を放射する。小山教授は「反射したX線は直接観測より100万倍も強い。近くで、超新星爆発が起き、そのガスがブラックホールに大量に落ち込み、一時的にブラックホールが目覚めたためだろう」と話している。

流れる宇宙の神秘的な活動 
そのうちこのブラックホールの謎はとけるのであろうか?
わくわくするね^^ 
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。